ソフトボールのこと

打席に立った

先月の話ですが、ソフトボールの卒団式がありました。

卒団式恒例の親子試合では、6年生・レギュラー対6年親の対戦でしたが、母たちも打席に立ちました。

わたしは素振りを50回はしました。常日頃素振りをしていないので、打席に立つ前に肩が痛くなりました。もともとすごい肩こりだし・・・

キャプテンはわたしの姿に、「○○さん(わたし)すごい本気じゃん!」

で、いざ打席。

エースのいつもの投球に、1球目はファール・・・後方に飛びました。フルスイングしたぞ~。

どういう形であれ、バットに当てたので見ていた父さんたちから「おー!」と声が上がりました。

「野球部?」の声も(わたしは卓球部)。

2球目は空振り。

3球目は忘れた。…けどそのあたりで打った気がする。ボッテボテのピッチャーゴロかキャッチャーゴロでした。

あまり飛ばなかったけど、フェアゾーンには行きました。当然アウトでしたが。

他の母さんたちは、ゆったり投げてもらってもバットを当てに行って空振りする状態。

バッテイングは難しーね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

MVP

息子のソフトボールチームの公式戦がありました。

わたしは代表だから、試合時は監督から聞いたメンバーのオーダー表を書きます。

これが・・・今季最初には背番号とポジションを合わせたはずが今、ほぼ一致していない。

10番はキャプテンナンバーだからまあ不動としても、我が息子5番なのにここ最近はセカンドと二番手ピッチャーという・・・。

昨日はついに試合の最初から息子はピッチャーとしてマウンドに立ちました。

実はエースが練習不足で、いきなり先発はちょっとということになり、息子にお鉢が回ってきた・・・というのが真相。

オーダー表を書いていたわたしは監督の「ピッチャー●●(息子)」に「ヒエッ!」

試合を後で見に来ると言っていたダンナに電話したら、

「思い切ったことするなー」

と半笑いでした。

そして試合開始。

息子、意外にも落ち着いたピッチングで、そして意外にもストライク先行。

球速はないけどコントロールはまあまあといった感じで、他のお母さんも、

「初めて見たけど、●●(息子)いいじゃん!ストライク入るし!」

と絶賛(ほどでもないか)。

相手のバッターは息子の緩い球にタイミングが合わずフライを打ち上げてくれたり、打たせて取るピッチング・・・といえばまあ聞こえがいいかなと言ったでき。

結局息子、2イニング投げて失点5。失点の原因はタイムリーヒットもあれば守備の乱れもあり、母の身びいき計算では自責点2と言ったところか。

その後はエースと変わりさらに失点を重ね、予想通りの大敗ではありました。

2試合目は雨天コールドになって終了。

それでも1チームから1人最優秀選手賞を出さねばならず、監督が「うーーーん」と首を捻っていたらキャプテンが、

「●●(息子)は?投げたし」

その一言で、息子見事に最優秀選手賞に輝きました。

かなりおまけじゃんと思っていたけど、息子はわたしの想像以上に嬉しかったみたいです。

まーそーだよなー・・・息子、目立つことないもんなー。

でも、あれしきじゃお祝いはできないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習試合にて

息子の所属するソフトボールチームは、あんまり強くありません。

あんまりというか、全然強くありません。

まあ、それは置いておいて・・・

最近他のチームを招いての練習試合があり、わたしは少しの間見てきました。

3試合戦って、わたしが見たときはちょうど息子が出ていませんでした。

スタメンじゃないのかなーと思って、後で本人に聞いたら、

「ぼくは3試合中1試合に出たよ。でも、ぼくはスタメンを外されるのは慣れている」

あのなー、慣れんといて!悔しいなって奮起してくれよ。

真面目さが取り柄なんだけど、ガツガツしてないんだよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主婦色々

息子のソフトボールチームでキャンプに行きました。

ほぼチーム全員と、その家族が勢ぞろいしました。1泊2日で子供たちとその家族を見たわけで・・・人間ウオッチング的にも面白かったです。

集団にいる我が子を見ますと、息子はやっぱりおとなしいんだなーと再認識。

ところで、今回のキャンプは毎年夏休みに行っているクラブの合宿というのが名目でした。いつもなら宿泊施設に泊まって、食事は上げ膳据え膳だったのが、今回は母たち(父もだけど)が総動員で家事をしました。

主婦が集まると、普段の自宅での主婦ぶりが垣間見えました。

食事のメニューや買い物で仕切る人、片付け系で手腕をふるう人。

わたしはどちらでもないので、人の指令に従って洗い物とか、片付けとかを手伝いました。

中に非常に頼もしい人がいて、言いにくいことをズケズケ言ってくれて、言うだけだったら嫌われたりするんだけど、言う分人の数倍動く人で、場の仕切りが早い早い!

そのかわり、料理系を仕切っている人のやることには口を出さないので、うまい具合に棲み分けというか役割分担ができていました。

チャカチャカ動く人を見ていたおかげで、自宅に帰ってからの片づけも不機嫌にならずにやり遂げることができました。洗濯も3回も回して、2回分までは干して寝たもんね!

息子は楽しかったと言っていました。でも、わたしはキャンプはもういいかな・・・^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだかな~

連休中に息子のソフトボールの試合がありました。

まーそれが惨敗。

息子はエラーするし、見てるこっちがヤキモキします。

応援に熱が入るあまりに、ヘマの直後に、

「バカタレェ!」

と、叫んでしまいました。まわりの母さんたちはわたしを見るし(苦笑)、息子はうつむくし最悪。

可哀そうなことをしたのと、みっともないのとで自分の方が落ち込んでしまいました。

息子が内野安打で1塁に出たときに、

「ごめんね」

と謝りました。聞こえたみたいです。

あーもう!しっかりせえなんだが・・・今度からはもっと抑えた応援にしよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初試合

ソフトボールの試合がありました。

去年も新人戦で6年生抜きのチームで戦ったことがありましたが、まー試合にならんこと!

大したヒットは打たれていないのに、バッテリーミスからの失点に次ぐ失点。守備も打球をやっと捕っても、どこに投げればいいのかわからずマゴマゴ。

あれから何か月たったかなー・・・6年生が退団しての今回は初試合でした。

監督も代わり、今度のキャッチフレーズ(?)は「楽しんで勝つ」。そして、礼儀重視。

自分たちのチームも、相手チームもけなさない、褒める!

という方針で、ここのところ守備練習をひたすらやってきました。

バッティングは各自素振りとのことで、とにかく守備重視。

昨日は2試合戦って、1敗1引き分けという結果でした。でも、守備はうまくなっていました!ちゃんと試合になってた!

外野に抜けたボールも、バックホームでアウト取れたし、キャッチャーから三塁への送球が逸れて外野に飛んだ時も、レフトが捕球してすぐ内野に返して、ランナーをホームに返させなかったし、負けたけどいいプレイもたくさん見ることができました。

母たちも、空振りしても「よく振れてたよ!」、ヒットじゃなくてもバットに球が当たれば「いいよ!」捕球できれば「ナイス!」と褒めまくりました。

負けたけど、褒め褒め応援の方が気分がいいとゆーもの、いい発見でした。

子供たちも緊張してたけど、褒められた方がのびのびできそうな感じだし。

体罰問題が世間をにぎわしたけど、褒めたほうが人は伸びると思うなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトボール当番

息子のソフトボールは土日に練習します。

母さんたちにも月に1回くらい当番が回ってきて、昨日はわたしの当番でした。

監督とかコーチ陣に(父さんたち)お茶出ししたり、ちょこっとは球拾いなんかもします。

子供たちは高学年と低学年に分かれて練習していて、4年生の息子はちょうどちびっ子と高学年の中間くらいの立場にいて、ちびっ子と練習したり、高学年のところに交じったりしています。

わたしは手術後は、当番以外は練習を見に行くこともせずのんびりしていることが多かったのですが、創も癒えたので6月後半からは、当番以外でも見に行ったりしています。

ヘタクソだった息子もだいぶ上手になってきて、ボールを投げたり捕ったりもビビりながらもまあまあちゃんとできているようです。

うまく捕れなくてもいじけず頑張っているようで、練習の真面目さはチームでも屈指の様子。(他の母さんから褒められた)

ところで、昨日わたしはちびっ子の練習の手伝い(球拾い)をしました。

低学年のコーチは、高学年ほど叱り飛ばしたりせず、ちょっとでもできたことを褒めて褒めてやる気にさせておられます。

うまくいかなくてふてくされる子もいて、なだめるのも大変。

まあでも、最初から上手な子はいないし、練習あるのみよ。(しかし、上達具合に個人差はあるね)

梅雨時の練習で、最近雨天中止が続いていたので、久しぶりの練習はきつかったみたいです。

みんな、がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男になるために

土曜日の今日は、息子のソフトボールに付き合いました。

うちのダンナはあまりお父さん手伝いができないので、せめてわたしはマメに顔を出そうかと思っているのです。

行くなら運動する気のジャージ・・・というわけで、グローブも持っていきます。

さて、今日はお父さんの出席が多くて、わたしはあまり球拾いもすることがありませんでした。

フェンスのこちら側から練習風景を見ていて、男の子にとって、父親って重要な存在やなぁと思いました。

わたしが息子の野球の相手をしていたころより、今はうんと上手になってきていて、皆でやる手前なのか、泣きべそもかかず真面目に練習している様子です。

叱られても「はい!」と返事してるし、成長したなぁと思います。

男の子は、男親とか、よそのオジサンでもいいけど、とにかく大人の男がかかわることによって、男になっていくような気がします。

小学生の男の子にとっては、父親はすごく大きな越えられない山であって欲しい。

まあいずれその山も、北アルプスくらいに思っていたけど実はボタ山だと子供たちが悟って、難なく超えてく日が来るはずなんだけど・・・

母ちゃんの可愛い坊やから、どっかの女の男になる日が・・・来るのかな?寂しいけど、来なけりゃ困るし。

女の子は心配しなくても、生まれ落ちたときから「女」な気がします。

女独特の意地悪さとか、小さくてもしっかり持っているもんね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当番

今日は息子のソフトボールの、母さん当番でした。

朝息子が自転車で小学校に行った後、わたしも自転車で出ました。

母さん当番は、コーチしてくれるお父さんたちにお茶など出したりします。

夏場は子供たちもいっぱい汗をかくので、麦茶や氷など用意があるのですが、冬は寒いのでお湯の用意になります。

保温ができる水筒が、わたしが持っているのは1リットルのものだったので、1.9リットルのをこの間買いました。

子供たちの練習は、お父さんたちが見てくれるのですが、父さんたちの人数が少ないときは母さんも球ひろいの手伝いなどします。

今日は一応ダンナのグローブを持っていきました。

球がイレギュラーしたり、単に下手で逸らしたりしたのを、わたしも後ろの方で捕りました。

最初はグローブに当てるだけでちゃんと捕れなかったけど、やってるうちにちょっとは上手になった感じ。寒かったのでいい運動になりました。

6年生は強かったんだけどね~5年生以下のスイング見てると打てそうにないよ。

「毎日素振りして」・・・と監督。

伸び代は・・・限りなくあると思いたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の試合

日曜日に、今季最後のソフトボールの試合がありました。

今まで試合の応援に行くとなると「つまんない」と文句たらたらだった娘たちも、

「これが最後だからね」と言い聞かせ、(最後なのはあくまで今季だけど)お菓子を買ってやるから、と連れて行きました。

他にもギャルが来ていたので、まあまあいい子で遊んでくれました。

しかし…応援とはいえ、うちの息子はまだまだレギュラーには程遠い位置にいます。当然試合には出ません。

親子で賑わし要因といった風情で、高学年のお母さん方ほどの熱のこもった応援にはなりませんでした。とにかく寒い!

試合は全試合完封勝ちで、攻撃も打っては外野に飛びまくるという気持ちの良さ。

タイムリーを打ったお母さんは試合中なのに涙ぐみ、

「まだ早いよ」と突っ込まれていました。

うちの息子もあと2,3年後にはこれだけ活躍してほしいものです。

それにしても寒かった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧