手作り品(子供服、その他)

マスク作り

この頃は、ミシンを出すときはマスクを縫うときくらいになっています。

マスクの型紙はネットで拾ったものと新聞に載っていたもので、どちらも作り、それを元に自分に

合うように改訂を重ねています。

なかなか気に入る形にするのが難しいのです。小さな型紙なのに。もしかして小さいからこそ難しいのかも。

わたしが作るのは立体型で、鼻から口、あごへのラインのカーブで嘴の出具合が変わり、印象も変わります。

すっきりおしゃれなマスクを目指しているんだけどこれがなかなか。

ついでにシミを隠したいと思うから、小池知事みたいな大きめマスクになって行ってます。

ゴムはいいのが手に入らないから、ここ最近はミサンガ方式で、コットン糸で編んで、はめてから長さを

調節できるようにしています。これがいい!偉いわ、わたし!布も新たに買わないからパッチワークまで登場。

最近暑くなってきた。マスクがつらい時期になってきたけど、まだ当分マスクするつもりです。

 

 

| | コメント (0)

編み物

久しぶりに編み物をしました。

帽子を編みたくて、100均で毛糸を買い、編み物の本を見てチャレンジ!

さて、問題が。

むかーし結構編み物をしてたので、棒針は各サイズ割とそろっています。

ただし、それは2本棒針のはなしで、帽子みたいにぐるぐる輪っかに編んでいく物を作るには(中には2枚編んで接ぎ合わせるモノあるけど)4本棒針か輪編み用の棒針が必要です。

わたしの持っている4本棒針は10号。そして本にある編みたい帽子は12号棒針で編むことになっています。

ゲージを取るのはめんどくさいし・・・とまあいっかで12号の物を10号で編みました。

で、完成しました。何となくきついのは棒針のサイズが小さいせいでしょう。目を増やすなどの補正を一切しなかったから。

模様はハニカム柄といって、蜂の巣のような柄。結構上手に編めたと思います。けど・・・毛糸が・・・

100均で選びに選んだウール100パーセントの毛糸ですが、色が赤と青に染め分けてある物でした。

毛糸玉としてみたときはかわいい色と思ったんだけど、帽子になった姿は、娘に言わせると「木イチゴみたい」だそう。

ダンナは「オバチャンの帽子じゃ!」と笑いました。

わたしも我ながらびみょーと思うんだよね。なんか柄のぼこぼこ感が「縄文式土器」をかぶっているみたい。

そしてまた、懲りもせずこの冬第2弾の帽子を編み始めました。

今回の毛糸は、購入から30年!セーターを編むはずがいまだ完成せずの毛糸です。

一度編みかけてたからラーメンみたいになってる毛糸だけど!頑張るぞ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャツでエプロン

シャツでエプロン
シャツでエプロン
シャツでエプロン
シャツでエプロン
ダンナのシャツのえりがほつれたので、エプロンにリメイクしました。

後ろ身ごろで断ちました。

ヨークの切り替え部分は、布が二重になっているので、表ヨークと裏ヨークを開いてそれぞれを内側に折り込んで、肩ヒモをはさみました。

肩ヒモは、前立てをそのまま利用しています。右前身ごろの胸ポケット(このシャツは左右にポケットがあった)までのギリギリを裁断して、三つ折りにして端がほつれないようにミシンをかけました。

肩ヒモ調節用に、前立てのボタンを付け替えました。

胸当てから横のカーブは三つ折りに縫い、脇から裾は後ろ身ごろのラインをそのままにしています。

シャツの脇は折り伏せ縫いで始末してあるので、前身ごろとの際を切っただけでもほつれそうじゃなかったので…

後は残った布からポケットと結びヒモを作りました。

息子の家庭科用だったけど、わたしも使えそう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チュニックシャツ

チュニックシャツ
末娘が入院中に、病院内の売店で「すてきにハンドメイド 11」を買いました。

これに載っていたチュニックシャツを作りたいなあとずーっと思っていたけど…真冬は着ないから伸び伸びに。

やっと最近付録のパターンを新聞紙に写すことができました。

残り布が2メートルくらいあるから、それで作るつもりでいたら、足りなかった!

だから前身ごろをパッチワークすることにしました。

だからこういうデザインになっちゃいました。

こういう物だと思えばありかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コート

コート
去年裏地付きのコートを縫いました。

そのパターンを使って、またコートを縫ってみました。

今回は綿麻混の生地で、フード部分は同素材の色柄違いの裏地なしにしてみました。

肌寒い日に羽織れるように、洗濯もガンガンできるようにとゆーことで、この素材にしました。

衿ぐりの始末をもうちょっと工夫したらよかったな…とそこが残念な気持ちです。

でも、それ以外はきれいに仕上がりました。

既製服に近い物を作りたい!と思ってて、けっこううまくできたと思っていたのに、昨日着たら「それ手作り?」と、息子のソフトボール仲間のお母さんから聞かれました。

まだまだか…とどのへんが手作りっぽかったのか、さり気なく聞いたら、

「ボタンホールの印つけが残ってるから」

ということでした。

そうそう!ボタンホールの位置を確認したら製図より少し上の方が良さそうだったので、変えたのでした。
チャコペンの跡を消すのを忘れていました。

ありゃりゃ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ズボン縫い

この夏のためにけっこうたくさん(3枚)長女のズボンを縫っていたつもりだったんだけど・・・

「縫って」とまた長女からリクエストがありました。長女は今風のスパッツやデニムのズボン
を好まずピンクのズボンしか履かないので、長女のズボンはほぼ100パーセントわたしの
手縫いになっています。

縫ったのに足りない・・・それというのも、この春から長女は習字を始めていて、毛筆の日
に新しいズボンを早速汚してくれたからです。

「黒いから嫌だ」などと、自分が汚したくせに履くのを嫌がります。

だから、ぼろいのを履いていくようにと言ったのに・・・

色柄物用の漂白剤を使っても、墨は落ちにくいんだよね~。

仕方なく、また布を買ってきてズボンを縫いました。

ただし、汚れたズボンは捨てずに習字の日に履く約束もさせました。

ズボン布と一緒に買ってきたダブルガーゼの花模様の布で、二人の娘におそろいの服(カットソーっていうんだろうか?)も縫いました。

ロックミシンを買ってから、仕上がりが早くなりました。普通のミシンとロックミシンの二つを並べて必要に応じて使い分けると早いんだよね。

明日二人お揃いで着てくれたらいいな~と思ったけど、明日は長女は習字でした。やめとこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コート

コート
先週から裁断して縫い始めていたコートがついに完成しました。

「ミセスのスタイルブック」秋冬号に載っていた製図を元に型紙を作り縫いました。

製図は「文化式婦人原型」を使用するのですが、自分の胸囲と身丈を計ってまずその原型を作り、さらにそれを操作してコートの型紙を起こすという二段構えで、なかなか進みませんでした。

でもやった!

「ミセスのスタイルブック」には製図しか載っていなかったので、

「ジャケットとコートの手ほどき」
小杉早苗 著
文化出版局

と、
「増補改訂版 洋裁」
ブティック社

を参考にしました。

裏地の付け方もバッチリ載ってて分かりやすかったです。

ちなみに素材はウール混のエターミンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の上着

娘の上着
昨日できた娘の上着です。

分かりにくいけど、一番上のボタンだけがデザインが違います。

これしかなかったのでこうなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニットで縫ったぞ

ロータリーカッターとカッティングボードをようやく買いました。

これは、ニット地や裏地などを裁断するときに使うものです。

他にもニット用のミシン針とニット用の糸も買いました。

で、さっそく長女の上着をニットで縫いました。ニット用の針だとやっぱり縫いやすいわ~。

木綿より布がずれやすいので難しかったけど、でもできた!

今日は娘が学校に着ていきました。また写真を撮って載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手首が痛いけど

手首が痛いけど
昨日完成したワンピースです。

その前のワンピースと型紙は同じで、布だけ違います。

縫って気付いたことですが、無地だと仕立ての上手下手がすごく分かります。

わたしとしては上出来なのですが。

次の目標はニットです。

手首が痛いけど・・・頑張るぞ!(なんでだ?腱鞘炎か?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧