家族

誕生日

昨日はダンナの誕生日でした。

子供たちは「お誕生日会しよう!」と盛り上がっていたのですが、昨日は帰りが遅かったので、今日にということに。

娘たちは「お父さんにプレゼントする」と言って、昨日ダンナ宛てに手紙を書いていました。

今日見せてもらったのですが、長女からの手紙には・・・

                おとうさんへ

                おたんじょう日 

                おめでとう!

                おとうさんは漢字

                がおぼえれないから

                漢字表をあげます!

                     ●●(名前)

封筒に小学校でもらった漢字表(6年間に習う漢字)が手紙と共に同封されていました。

それとなぜか100円玉も。

確かにダンナは漢字が苦手ですが・・・

ダンナは長女に「ドリルでいいのに」と言ったらしいけど。

じゃあ、その100円でドリルを買えばってことじゃ?ダイソーでも売ってるもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケンカ

昨夜寝るときになって、ダンナとケンカをしました。

普段はあまりケンカをしないのですが、このときはほんっとに腹が立って、ダンナのお尻にすりこ木を突っ込んでやろうかと思いました。(実行はしなかった)

ケンカをしっ放しで寝るのは気分が悪いので、一応仲直りしたのですが、今朝朝ごはんを作りながら、キッチンの引き出しを開けて、すりこ木の在りかを確認した執念深いわたしです。

ダンナが仕事に行った後、洗濯物を干しながら昨夜の苛立ちが再燃したので、うさばらしにこの話をラジオ局にメールしました。

内容が内容だけに読んでもらえるかな、どうかな~と懸念していたのですが、世良洋子さんが読んでくださいました。

すると、相方の横山雄二さんが、「これはすりこ木じゃなきゃいけないんですかね?お玉とかじゃだめですか」

なるほどね。台所用品にも色々あるんだもんね・・・

大変参考になりました。

|

法事旅行その4

最終日6日はスペースワールドに行きました。

わたしは過去2回行ったことがあり、ダンナも独身時代行ったようでした。

小さい子供がいるので乗り物は激しいものはパス。

家族で乗れる観覧車や回転木馬、3Dシアターなどを回りました。

『タイタン』は事故があったとかで動いていませんでした。もっとも動いていたとしても盛らなかったと思うけど。(元気なし)

なんていうジェットコースターなのか、ほぼ90度上昇し、急下降するものがありました。

もう、この手の怖いジェットコースターに乗る元気はないので、帰る道すがら眺めていたのですが、思いのほか猛スピードの出だしにビビるわたしとダンナ。

「こわ~!」と言うと、通りすがりのチャリのおばちゃんまで「こわいね~」だって。

渋滞が嫌なので早めに切り上げてスペースワールドを後にしたのですが、やっぱり帰りも渋滞に巻き込まれたのでした・・・

(トイレは大丈夫だった)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法事旅行その3

親戚に3日,4日泊らせてもらったあと5日の夜は北九州に移動しました。

ダンナの予定では3時間くらいで行けるはずが、やっぱりお約束の渋滞で5時間かかってしまいました。

しかもその間、絶対車外に出られない状態で、息子の「おしっこ」

今できないよ!

が、尿意は止まるわけなく、ダンナは「これにしろ!」と蓋のついたジュースの空き缶を息子に渡しました。

一人でうまくできるわけがないので、わたしが手伝ってやりました。が・・・

うぇ~ん手にしずくが飛んだよう。。。

ダンナは「子供のは汚くないだろ」と言ったけど・・・やっぱりいやだ。(しかも手を洗えないし)

その後もガマンの数時間。ホテルについてやっと手を洗うことができました。とほほ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法事旅行その2

法事は4、5日と2日間あり(それぞれ別)ダンナの親戚(義母の実家)に滞在しました。

その家のダンナの叔父夫婦も法事に出席し、息子であるダンナの従弟も別件の法事出席のため、家に残ったのはわたしと子供たちと従弟の嫁さんと子供たちだけでした。

うちの子供とそこの子供たちは年齢が近く、遠いわりには何度も会っていて遊んだことがあったので、今回もとても楽しみにしていれくれました。

4日はあいにく雨。しかたなく子供たちは家の中で遊んでいました。

そんな中、ダンナの従弟の子Tくん(5歳)は、四つんばいになって、首に紐を引っ掛けてそれをうちのあーすけ(5歳)に引かせていました。

「首大丈夫?ペットごっこ?」と聞くと、「うまごっこ」

彼のお母さんいわく、「Tは馬が大好きと」

うちの息子が午(うま)年と知ると、「おいもウマがよかと」と未(ひつじ)年の自分を残念がっているくらい、今ウマブームの彼。

いかに馬になりきるかの研究なのか、「ウマば見たか」との彼のリクエストがあり、小雨になってきたからと、退屈しきっている子供たちを連れて、近所にウマやウシを見に行くことにしました。

他にもダチョウがいる公園があるとかで、従弟の嫁さんの案内で動物ツアーに出かけました。

ダチョウの公園には他にもニワトリなんかもいました。

息子の「おかあさん、クジャクがいるよ」の声に見に行くと、それはキジでした。似てるけどね・・・

その後T君念願のウマ、ウシの厩舎にも行きました。親戚周辺には農家が多く、ウマやウシを飼ってるところがあちこちにあるのです。

ところで、そのウマは競走馬ではなく食用に飼われていて、

「ウマのかっこよか~」とウマに見入っているT君の横で彼のお母さんは、

「あんウマはよく太っとるばい。もうすぐ出荷たいね。馬刺しのうまかよ」

と眺めていました。

現実の厳しさを目の当たりにした感じ。ちょっとかわいそ~・・・でも馬刺しはおいしかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法事旅行その1

5月3日~6日まで長崎法事旅行でした。

3日は混むことを予想して早朝(のつもり)8時過ぎには家を出ました。

が、高速道路に乗ったところでまもなく渋滞。

事故のようでした。なが~いトンネルを抜けるまで1時間以上かかってしまいました。

うちの車は3月に買い換えたばかり。今度は7人乗りなので(荷物もいっぱいだけど)以前

よりもゆったり座れるし、なによりカーナビがついている!これでテレビやDVDを見せて子

供たちの退屈しのぎにするつもりが、トンネル内では電波が受信できず。

頼みのDVDも子供たちが好き勝手に扱うため壊れたものが数枚・・・

ああ~使えん!

なんとか抜け出すと、その後は混んでもまあ想定内という感じでなんとか大丈夫でした。

ところが!

今回は法事旅行。色々荷物がありました。

わたしの支度に手間取っていたため、荷物はほとんどダンナが積み込んでくれていました。

「お供えは入れたよね?」と聞くわたしに「入れた」とダンナ。なのになのに・・・

「あっ、礼服忘れた!」叫ぶダンナ。

もう福岡に来ちゃったよ・・・

引き返すのはムリ。で、結局買うことに。

とんだ散財でしたが、わたしが払うわけではないのでまあよし。

長崎到着は6時になってしまいました。10時間かかったことになりますが、そのうち1時間近くは礼服に費やしたのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日

今日は長女の5歳の誕生日です。

1月から毎日、カレンダーを見ては「もう○かいねたらたんじょうび」と、指折り数えて楽しみにしていました。

子供はこうして暦というものを覚えていくんだな・・・と感心しきり。

今朝は起きるなり、「おかあさん、きょうわたしのたんじょうび!」

と嬉しそうでした。

5歳になった長女に対し、次女は3歳。

「わたちもごさい」と言い、長女から「ちがう3歳でしょ」と、指摘されると泣いていました。

うらやましいんだな。次女がなくと面倒なので「はいはい、ちーも5歳」

といなしておくわたし。

今夜はお祝いをしてやらなくては。

手巻きがいいと息子がいうので、そうなるでしょう。(しかしなんで息子のリクエストなのか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干支

わが家では長女はわたしと、次女はダンナと同じ干支で、長男だけが誰ともかぶっていません。

「うま年はいないの?」と聞かれたものの、父方、母方共におじいちゃんおばあちゃんも午年ではなく、伯父さん(ダンナの兄)叔母さん(わたしの妹達)も違います。

残念そうな息子でしたが、急に思い出したのか嬉しそうに言いました。

「あのねえ、なんとなんとほしぐみには(息子のクラス)うま年がたくさんいるんだよ」

そりゃそうでしょうよ・・・同級生だもん。

あと、少しだけ未年もいるかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枚数が多ければいいのか

先日、息子は6歳の誕生日を無事迎えました。

おばあちゃん(夫の母)からは『にぎやかドライブ(トミカ)』を買ってもらい、おじいちゃん(夫の父)からは、現金をもらいました。なんと贅沢なことよ!

息子は、おじいちゃんがくれた封筒を開けて、五千円札一枚を見ると、

「これだけ~」と言い出しました。何言ってるん!?6歳の子供に五千円なんて多すぎるのに!

「おかあさんは、そんなお金もらったこともなかったわ」と言ってやりました。「お礼は?」と催促すると、「ありがとう」と、口先だけのお礼。んも~!!

そこで、じいちゃんは五千円札を千円札5枚に換えて、再度プレゼント。すると息子は、

「うわ~、おじいちゃんありがとう!こんなにある!」と大感激。

・・・同じことなんだけどなぁ。枚数の多いほうがいいのか。

「今度は500円玉でやれば」というダンナ。わたしは100円玉10個でいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おばあちゃんはありがたい

今日はうちのばあちゃん(姑さん)は仕事が休みでした。

家にいると当然のように嫁(わたしだ)から子守として当てにされます。孫を見させてあげてるつもりのずうずうしいわたしです。

まあ、子供たちも大きくなってきたので、わたしがなんと言おうと勝手にばあちゃんの家(同じ敷地内にて)に行ってしまうので、休日だろうと静かに過ごせないのは仕方がないと、たぶん姑さんも諦めているはずです。

さて、うちのじいちゃんばあちゃん(舅姑)は、孫に甘い人たちです。わたしの実家のじじばばよりも甘いです。

子供たちもよくわかっていて、欲しいものはわたしやダンナよりじじばばにねだっています。

今月は息子の6歳の誕生日があります。ばあちゃんに「変身ベルトがほしい」なんぞとぬかしていましたが、結局トミカのナントカハイウェイというのを買ってもらいました。

変身ベルトなんて・・・去年も仮面ライダー電王のを買ってもらったのにいらないよ。

今日は今日で、「おすしが食べたい」と言いました。え~かげんにせぇよ!

しかし、ありがたいことにばあちゃんが「いいよ」との返事。外食は人が多いからやめにして、買ってくることにしました。

しかも息子がほしがっていた、家庭用流しそうめん器まで買ってくれました!

そうめん流しをしたがっていたんです・・・なんちゅうわがままな息子でしょ。前にそうめんを家でばあちゃんと食べたときに、

「回るのがいい(流しそうめんてこと)」と、ぶ~たれたのを覚えてくれてたんですね。普通家庭でそうめんを食べるときに回りゃせんって。

そんなわけで、今日一日でさんざんばあちゃんに散財させたのでした。ああ、なんてありがたいんでしょ。おまけに子供たちは、ばあちゃんの家の障子を破っていました。

恩をあだで返すやつらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧